東京都千代田区神田の眼科、淡路町眼科のホームページ

〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル2F

03-3526-6086

メニュー

コンタクトレンズの処方

  • HOME
  • コンタクトレンズの処方

コンタクトレンズ処方

当院では患者様の目の状態やライフスタイルに合わせてコンタクト処方を行っております。初めてコンタクトレンズを装用されたい方もお気軽にご相談ください。

コンタクトレンズの種類

ソフトコンタクトレンズ

現在、処方の主流になっているコンタクトレンズです。レンズ素材に水分を含んでいるため軟らかく瞳になじみやすいのが特徴です。

ハードコンタクトレンズ

固いプラスティックの素材で作られているレンズです。耐久性には優れておりますが慣れるまで時間がかかります。

比較項目 ソフトコンタクトレンズ ハードコンタクトレンズ
素材 柔らかい 硬い
大きさ 直径 約14㎜
角膜を覆う大きさ
直径 約9㎜
角膜よりも小さい
角膜乱視
乱視用コンタクト

通常のソフトレンズでは劣る

優れている
不正乱視
劣る

優れている
装用感
優れている

慣れるまで異物感がある
スポーツ
優れている

動きが大きいので激しい運動には適さない
汚れ
つきやすい

つきにくい

ソフトコンタクトレンズの種類(交換頻度)

比較項目 1Dayタイプ 2weekタイプ/頻回交換タイプ コンベンショナルレンズ
交換頻度 1日または外したら再使用しない 2週間または決められた日数を使用 レンズ状態により
1年から1年半程度使用可能
コンタクトレンズケア
必要なし

日々のレンズケアが必要

日々のレンズケアが必要
ランニングコスト ×
高い

やや安い

安い
利便性
旅行などにも最適

旅行などではケア用品の持参が必要

旅行などではケア用品の持参が必要
汚れ
1日装用で捨てるので清潔

日々のレンズケアに加えてタンパク除去が必要 (個人差はあり)

日々のレンズケアに加えてタンパク除去が必要 (個人差はあり)
予備レンズ
未使用レンズをスペアレンズとして対応可能

未使用レンズをスペアレンズとして対応可能
×
コンタクトレンズ販売店で再購入が必要

ソフトコンタクトレンズの種類(使用目的)

乱視用コンタクトレンズ(トーリックレンズ)

乱視矯正用のコンタクトレンズ。コンタクトレンズに乱視用度数が入っております。乱視軸が回転しないようにレンズにおもりがついていたりレンズの端を薄くしているタイプがあります。

遠近両用コンタクトレンズ

1枚のコンタクトレンズで遠方も近方も明視可能なものを遠近両用コンタクトレンズといいます。各社レンズデザインを変えて見え方の満足度の追及をしております。

サークスレンズ(カラーレンズ)

虹彩の色を変えて見せるために不透明な色素を用いて着色したコンタクトレンズです。視力矯正も可能です。

最近では不適切なコンタクトレンズ処方や購入方法による目のトラブルが増加しています。 インターネットで購入したが調子が悪い、ケア方法がわからないなど、といった方も見受けられます。
コンタクトレンズは直接目に入れる高度管理医療機器です。その経過の管理も大切と考えております。 当院では適切なコンタクトレンズ処方を心掛けております。